上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅失登記は自分達で

7月20日

ローンのことも、登記のことも火災保険のこともすべてオットまかせ。

わたしはいまいちわかっていなけれど

今日、つなぎ融資がでるみたい。

火災保険は調べたらいろいろお安いのもあるらしい。

ローンを35年で組んでいるので

銀行さんは35年一括の火災保険を勧めるらしい。

それでも、10年更新タイプとやらもあるらしく

もし、まとめて払えそうにない場合は絶対更新しますからと

銀行に行っておけば それで通るらしい。



先日解体が完了したのでまずは滅失登記をしないといけないらしい。

オットは自分でやるといってる。

古民家解体写真2

7月15日。

t02200391_0480085411351433081.jpg


築100年のお家は解体されほとんど更地です。

残すは塀と木1本のみ。

保育所帰りに、遠回りして

進捗状況をチラッと車越しにしか見ていなかったけど

今日やっとカメラにおさめてきました。

とても日当たりはいい。

が、ネックは道の真横だということ。

結構、とばすんだよなぁ。

市のほうから道を広げたいから5坪ほど

寄付してほしいって工務店に連絡があったらしい。

道広げてもらうの賛成って思いました。

でも、この道路側とは逆のセットバックしたほうの道を

寄付してほしいといわれたのでした。

結局寄付はしていませんが。

三角形の角からすべて撮影。

解体が終われば次は造成工事。

お盆までにはキレイな更地になってる予定。

t02200124_0800045011351447464.jpg
t02200124_0800045011351447465.jpg

古民家解体写真

7月4日

古民家の解体が始まりました。

t02200391_0220039111335227299.jpg

翌日7月5日。

t02200391_0220039111335227300.jpg

あいにくの雨。

でも解体はほこりがたたないので雨のほうがやりやすいそうです。

改めてこの土地が広かったのだと実感しました。

うっそうと茂っていた雑草たちはもうなくなっていました。

境界って・・・

オットの先輩の基礎工事屋さんに

昔の家だから境界があやふやなところもあるから

ちゃんとしてるほうがいいでといわれたそうです。

司法書士さんにまた見てもらったほうが後々のこともあるから

いいのだそうです。

しかし、司法書士さんに相談したところ(オットが)

そこまでしないでいいと思うよとのことでした。

というのは、3方道に面していて、村の区長さんに立ち会ってもらうだけで

いいと思うよ、境界となるとまた費用がかかるからと言ってくださいました。

後日、区長さんと売主さん立会いのもと、

ここにしますねって決めたそうです。

解体前のご近所あいさつ

6月25日

解体のお祓いのあと、ご近所さんに解体前のご挨拶に行ってきました。

6月30日の木曜日から養生が始まり

7月2日土曜日から解体が始まります。

友人が古民家の瓦がほしいと言ってましたので、オットが相談してくれたらしく

でも、解体業者さんから手間がかかるので別料金をとるといわれてしまい

友人は断念していました。

古い瓦、リサイクルできる材質だったようで

リサイクルされるそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。